時代に即した教師の育成を

学校教師学部は教育学部と似た学部で、学校の教師を育成する学部です。
学校の教員は教育学部に入学して教員免許を取得することでなることができましたが、学校教師学部ではより時代に即した教師の育成を目指しているのが特徴です。

現在は時代の変化が激しくなっており、その中で学校教育も大きく見直されるターニングポイントに来ています。
これまでの学校教員は知識の伝達者として役割を担っていましたが、学校教師学部ではこれに加えて、生徒さんが人生の先輩と感じられるような魅力溢れる人間を育成することを目標として掲げています。
学校の先生の授業がつまらないという声はいつの時代でも聞かれてきた声ですが、学校教師学部では塾や予備校の人気講師のような、確固とした授業力を身に付けることも掲げています。

こうした学部が設立されることで、今後の学校教育は大きく変化が起こることが予想されており、注目が集まっています。
学校の先生としてより魅力的な人間力とも言えるものを身につけたい方は学校教師学部を検討してみるのもおすすめです。

学校教師学部の特徴

学校教師学部の特徴は様々なものがありますが、一つめに教養を重視している点が挙げられます。
生徒さんにより人生に役立つような様々な知識を提供したり、文化や礼儀作法についても学び、それを生徒さんに向けて発信できるような教養を身につけられるようになっています。
特定の科目を教えられるようになれば良いというだけでなく、今後は教師の人間力も非常に大切になることが予想されています。
学校教師学部ではそうした深みのある人間力を磨くために、こうしたカリキュラムを導入しています。

指導力についても専門的に学べるようになっています。
専門知識だけでなくより生徒さんが引き込まれて理解を深められるような授業を展開するにはどうすれば良いのかということを学ぶことができ、高い指導力を身に付けることができます。
しっかりと学べば知識の深さだけでなく、それを効果的に伝える力も合わせて身に付けることができるので、真の実力派教師を目指すことができます。

研修に力を入れているのも特徴です。
通常3年生から実習が取り入れられることが多い教育学部ですが、学校教師学部ではより実践を意識して1年生の段階から実習が取り入れられています。
これによって早い段階から教師としての力を身に付けることができ、卒業時には確かな実力を付けることが可能です。

学校教師学部で真に必要とされる教師を

以上、学校教師学部についてご紹介してきました。
今後の時代はより教師もシビアに実力が問われる社会になると考えられます。
そうした中で活躍していくためにも、学校教師学部で学ぶのはおすすめと言えます。