(^ ^)

古典から近代まで

鈴峯女子短期大学の日本語日本文化(^^)コースは言語文化情報学科の中のコースの1つなのですが顔文字が入っているとてもユニークな学科です。
古典文学から近現代文学や映画、アニメ、ファッションといったサブカルチャーなど、色々な日本文化を触れることによって自身の資質を探すのがこのコースです。
今の自分を変えたいと思っている人、相手をもっと理解したいと思っている人、あなたの日常や学問がすべてコラボレーションするのです。
このコースはさまざまな会社に就職をするのはもちろんですが、難関の四年制大学にも編入でいるといった高い実績があるのも特徴です。

コース名の顔文字

コースの名前が漢字と顔文字を使っているのには理由があります。
それは古典文学と文化、そして現代文化が融合していることを意味しています。
学問と日常の出会いということで今の自分からはじめる学問なのです。そして情報伝達に終わらない「言葉の教育」、たくさんの言葉を並べてコースの説明をしなくても顔文字を使うことでどれだけこのコースが楽しいのか、新しさなども伝わるのではないかということでコース名に顔文字を使っています。

資格、卒業後の進路

秘書検定の資格を取得することができますし、日本漢字能力検定の準一級、日本語文章能力検定の2級、プレゼンテーション作成検定の1級などを取得することができます。
このコースを卒業してからの進路としては、それぞれの職種の企業の事務職や金融関係として銀行や信用金庫、保険会社、ホテルや旅行代理店、四年制大学に編入学することなどが可能です。

このコースのポイントとしては、日本語、日本文学をかなり深くまで学ぶことができます。
そして映画やアニメ、漫画などを研究することができて、難関校に編入学できる高い実績を持っていることが特徴です。
このコースで授業を受けるようになってから新しい人と野付き合い方を発見できるようになったという人もいますし、距離を保つという言葉だけでは理解できなかったことなどがよくわかるよう担ったという学生もいます。

言葉というのはとても難しいことではありますが、その言葉の意味を理解できるようになり新しい自分を発見することができるコースです。きっと日本で最初で最後の顔文字が入っているコースというだけでとてもユニークですが、授業はさらに楽しく新しい発見がいっぱいですから概念を180度変えることになりそうですね。