bukkyou

仏教の専門的なスキルを修得

京都府にある花園大学には文学部には仏教学科が存在しています。
仏教は非常に古い歴史のある宗教で、世界中で様々な思想に影響を与えています。
長く伝えられている歴史を正しく学び、専門的な知識を幅広く修得するだけでなく、社会に役立つ人材を育成するために力を入れている学部としても注目されています。

参考:仏教学科

特徴

仏教学科の特徴は、仏教に関する幅広い分野の研究や実習を行っている事です。
花園大学が設立された経緯が寺院後継者を育成する目的があり、臨済禅の最高学府としてたくさんの卒業生を輩出しています。
代々、花園大学の仏教学科で学んでいるという方が多いのも大きな特徴です。
宗派に限らず、仏教に関して専門的なスキルを修得したいと考えている方が在籍しており、一度社会人として就職した経験がある方や、海外から日本に伝えられた仏教を学びたいと希望する留学生も存在しています。

カリキュラムでは仏教や禅に関する基礎知識やこれまでの歴史、日本だけでなく世界に広まっている文化、芸術など様々な内容を学びます。
海外では禅に強く惹かれる方も多く、国際的な交流を深めるためにも必要なスキルを修得することもできます。
国際的な活躍を期待しているため、積極的に海外研修を行なうことが推奨されています。
人気の高い研修先としては、特にカナダやオーストラリアなどには語学研修を行なうために希望する方が多く、タイやインドなどへは仏教研修を行なうために希望する方が多いです。
注目したいのは老師と呼ばれている高僧から直接学ばせていただける機会を得ることができ、とても良い経験を積む事も可能です。
禅から波及して茶道や華道、武芸など様々な文化的・芸術的なスキルを学ぶこともできます。

取得できる資格、卒業後の進路

卒業時に取得できる資格として注目したいのが、臨済宗妙心寺派教師資格です。
仏教学科で得た知識を、多くの方に正しく指導するために活用できます。

他には宗教の中学校、高校教諭免許(各一種)の取得も可能になります。
次世代を担う子供たちに正しい知識を教える仕事に就きたいと考えている方にとって役立ちます。
学校に関わる資格として、司書教諭(学校図書館)の資格取得も可能になります。
他には健康運動実践指導者の試験を受けるための資格を得ることもできますし、任用資格の社会教育主事も取得可能です。

このように様々な資格取得を目標に頑張ることができるため、卒業後の進路も人それぞれです。
仏教学科の学生は大半が宗教関連の職業に就いています。
代々伝えられてきた寺院を継ぐために大学で学び、たくさんの経験を活かして今後の宗教活動に役立てている方が多いです。
他にも公務員や一般企業など様々な進路を選択しているようです。