kigyouzyouhou

コース

長野大学には企業情報学部という学部があります。就職力をアップさせるプロジェクト型学習とデザイン、情報、経営を学ぶ学部です。
企業所法学部の中には企業情報学科があり、経営分野と情報分野、デザイン分野の3つに分かれています。
経営分野は経営マネジメントコース、広報マーケティングコース、商品企画コースがあります。
情報分野は除法システムコース、ネットワークコース、CG映像コースがあり、デザイン分野はグラフィックデザインコース、プロダクトデザインコース、広告デザインコースに分かれています。
企業情報学部はどのような学部なのか具体的に見ていきましょう。

特徴

現代の会社、組織が求めている人材というのは、組織の中心になれる能力を持っている人材です。その能力は企画力、自己表現力や技術力、組織運営能力や経営戦略能力といった会社が直面している問題などを分析して、そして解決するために必要となります。
企業情報学部においてはこれらの能力を身につけるだけでなく総合的に見て自分自身の目標にあったバランスで学習をして柔軟で包括的に能力を身に着けている人材を育てます。デザイン分野はデザイン、企画力を身につけます。学生が持っている独創的な発見力をアップさせて必要な技術を習得するのです。

情報分野は最先端のソフトやネットワーク技術、そして情報発信、デザインを支援するために必要となるCD技術やデジタル表現のための技術を身につけ、経営分野は組織を運営する基本から戦略を組み立てるといった経営能力を身につけられます。これらの身につく能力は、一人ひとりが自分でテーマを選び、実行して成果につなげるというプロジェクト型学習をメインにして行っていて問題解決の力を持った人を育てます。

就職に有利な学部

企業情報学部の学生はこの学習方法によってかなり大きく成長しているのが特徴です。やりたいことを学ぶことで自分の成長につながりますし、プロジェクト型の学習を支えている専門分野としてデザイン、情報、経営の3つから学べます。
初心者から成長することができるそれぞれのレベルに合わせてプロジェクトは進みますので、ぜんぜんかかわったことがないような初心者であっても成長させることができるのが特徴です。
必要とされる人材に育つことが目標です。本気で自分がやりたい仕事を在学中に見つけ、そして卒業後はその進路に進むことができるのです。
プロジェクト型学習によって会社にとって必要だと思われる人材に成長することができ就職にも有利です。