サイバー大学の特徴

いつでも・どこでも・誰でもが学べる新しい形の大学、それがサイバー大学です。
勉強したい、でも時間もないし費用もない、こういう状態にある人でも、学びの場を提供し、いつでもどこでも学べるという環境を作り出しています。

ソフトバンクグループの通信制大学ですが、深い教育、また様々な分野の教育がある、魅力的な大学です。
サイバー大学の特徴的なポイントは6つ、それを紹介します。

学費が安いのは魅力的です

学校に行きたい、学びたい、という時、どうしても学費が出せず断念・・・という方も多いです。
特に不況を脱したといっても不況の際の影響が未だ色濃く残っている時代です。
費用の捻出が出来ないというご家庭も多いでしょう。
でもサイバー大学は、他大学と比較してかなり費用が低くなっているという特徴があります。

通常、4年間、私立理科系の大学に行く場合、780万位の費用が掛かりますし、私立文系でも660万ほど、国公立大に行けるとしても480万程度かかります。
しかしサイバー大学の場合、入学までの費用は11万、それ以降、在学4年間の費用は270万です。
非常に低いという事がわかります。

また通常の大学の場合、年額固定制ですが、サイバー大学は履修した単位飲み支払うというシステムです。
1単位21000円、これを履修単位数と掛けたものが授業料となります。
最長8年在籍で木、半年に1回の支払いとなるので、負担が少なく済みます。
学び方を考えて、年月をかけて少しずつ単位を取得していくという事も考えることができるでしょう。

通学しなくてもいい、だから社会人でも学べる

講義の受講、期末試験等、サイバー大学は通学の必要が一切ないという大学です。
インターネット環境があればeラーニングでいつでもどこでも学ぶことができます。
仕事をしながら大学に通うというのは非常に大変ですが、サイバー大学の場合、自分の時間の中で、利用出来る時間を学習時間に充当すればいいのですから、無理なく勉強ができるのです。

専用のモバイルアプリなどを利用し、スマホ、タブレットでも受講できるので、会社のお昼休み、移動時間を使って効率よく学ぶことができます。

初心者から上級者までしっかりわかる授業内容

高校からそのままサイバー大学で学ぶという場合は、勉強から離れてからまだ短い期間なので、基礎学力をもって勉強できますが、社会人になってかなりの年月がたっているという場合、基礎学力が気になります。

しかしサイバー大学の場合、数学、国語、英語、情報という知識不足を補う履修支援があるので安心です。
ITの知識などがなくても、基礎から応用までしっかり学ぶことができるので、初心者から上級者まで幅広い学習ができるというのも、このサイバー大学の特徴です。