デジタルハリウッド大学とは?

名前を聞くだけでも映像などを学ぶ大学なのだなという事がわかります。
デジタルハリウッド大学は、映像、3DCG、アニメ、ゲーム、プログラミングなどの専門領域を統合して学ぶことができるカリキュラムが用意されています。

クリエイティブな世界を目指す方々にとって、クリエイティブとコミュニケーションを多角的、またより本格的に学ぶ事の出来るデジタルハリウッド大学は、非常に魅力的な大学でしょう。

1学部1学科という中で、体系的に、段階的に専門分野を統合して学ぶ事の出来るカリキュラムが魅力です。
4年という大学生活の中で、高度な専門性を持つ国際感覚に優れ、教養と社会性を持った新しい未来を作る人材育成を行っています。

講師陣は映画監督、アニメーター、デザイナー、さらにIT企業の経営者という業界の中でも最前線、現役で活躍する方々ばかりです。
最新技術を身に着けることはもちろん、プロの方々がどのように仕事を行っているのか、実際に目で見て学ぶことができます。
この大学の中で知識や技術を身に着けることはもちろん、業界との人脈を築くという上でも画期的な教育です。

ネイティブスピーカーの教員から受ける魅力ある英語教育

英語、語学力は今、この映像という業界にとって必要不可欠な能力です。
デジタルハリウッド大学は、ネイティブスピーカーの教員によって生きた英語を学ぶことが可能です。

またこの大学ではアメリカ、イギリスなどの英語圏の大学と提携しているため、留学制度によってグローバルな感覚を身に着けつつ、英語力を向上させていくことができるという魅力も持っています。

企業とのネットワークを持ち、7万人という卒業生とネットワークしているため、インターンシップ、求人提供など、学生が就職活動を行う際のバックアップも強力です。
一人一人が持っている夢を確実に実現していけるように、しっかりとしたバックアップ体制もこのデジタルハリウッド大学の大きな特徴でしょう。

国際標準のクォーター制とは

国際的な標準となってきているクォーター制を導入しています。
クォーター制というのは、1年を4学期に分けるというもので、少ない科目を短期間、集中的に学び、質の高い学習効果が期待されます。
また自由度が高い設定となっているため、インターンシップの活用、短期留学等様々な魅力ある行動が出来るようになっています。

専門性もあり多角的に学ぶことができるから才能あるクリエイターが育つ

様々な角度から考えられたカリキュラムは、学生が4年の間に専門性をもって総合的に学ぶことができるように工夫されています。
段階的に学ぶことができるため、学習習熟度が高く、深い理解を得ながら実践にも活かしていくことができます。

この先、映像やアニメ、プログラミングなどの世界はグローバルな世界の中で躍進していくことが考えられます。
深い知識と創造性をこの大学で学び、一流のクリエイターとして活躍してほしいです。