人間環境大学とはどういう大学?

人間環境大学は、いのち・こころ・環境の未来を創造する大学です。
愛知の岡崎キャンパスには人間環境学部、大府キャンパスには看護学部、松山看護学部は松山キャンパスにあります。

岡崎キャンパスでは心理学科、環境科学科、大学院で学ぶことができ、大府キャンパスでは、看護学科、大学院が、松山キャンパスには看護学科で学ぶことができます。

人間環境学部 心理学科とは

ここではこころの仕組みを学ぶことができます。
対人関係や心の問題を解決できる力を身に着け、その力を実社会に活かし貢献できる人材育成を行っています。

心理学を基礎から幅広く学ぶことができ、こころ現象メカニズムを学び、日常生活の中でどのようにこころの問題を解決し健康的に導いていていくのかを学びます。
心理という面では、コミュニケーション能力が不可欠となります。
昨今、学校、職場、また家庭生活の中でもメンタルヘルスの問題が深く、大きくなっています。
こうした事象を科学的、実践的に理解する能力を付け、発達や心理学、社会、産業心理学などを深くまなび、こころの問題について解決していくことができるプロを育成します。

看護学科では看護のスペシャリストの育成を

看護師、保健師、養護教諭一種免許取得など、様々なカリキュラムが魅力です。
看護職は現代、看護師が自ら考え行動し、医療現場の中で適切な行為が行えるようにしていくことが求められています。

人間環境大学の看護学科では、こうした現代の背景を踏まえたうえで、豊かな人間性、倫理観、実戦能力や研究能力を培った看護師、看護研究者、教育者を育成する質の高いカリキュラムが行われています。

国際看護、地域看護など、この先に内外で求められていく看護という事に対し、専門性を持ち、深い人間性を持った看護師の育成、プロの育成が行われています。

指導には教員全員が実務と教育経験豊富というスペシャリストです。
博士の学位を持っている教員が多数在籍し、看護実践の経験と実績を活かした本当のプロを育成する教育が行われています。

キャンパス内には学生が自由に利用できる専門のトレーニングルームが設置され、いつでも学びが出来、学習サポートができる環境も整っています。
実習については大学病院、小児医療機関、がんセンターなど専門機関と提携しているため、質の高い実践教育ができ、ほとんどの実習期間がキャンパスの最寄、近くにあるため、負担少なく実習ができる環境です。

様々な事を配慮し、将来の看護という業界を担うプロの育成がこの人間環境大学で行われています。
これから看護など資格取得や専門性を持った職業に就きたいという方にとって、魅力的な大学でしょう。