大阪観光大学の教育とは

大正10年、大阪市内の日蓮宗寺院団によって5年生の明浄高等女学校が出来たことが、この学校の歴史の始まりです。
様々な変更等があり、その後、平成18年に大阪観光大学という名称に変更、現在に至ります。

この大阪観光大学には、観光学部、国脚交流学部があります。
観光学部は観光学に関して学際的処分やの教育や研究、さらに観光学に対する総合的理解の促進と応用的能力を学修し、観光関連産業に従事できる専門性を持った有能な人材の育成を行っています。

国際分流学部は日本学に関する諸分野の教育や研究、発進ツールを高度な英語力により、地球益を重んじる課題について問題解決能力を備える人材「和魂地求人」を育成します。

大阪観光大学の観光学部のカリキュラム

初年次教育は専門知識を学ぶ前に、大学の学びに親しむため、読む、書く、話す、聞く、考えるという力を強く養成します。
表現力、思考力、想像力を高めることにより、将来の学びにつながる基盤形成を行う期間です。

基礎科目は1年から2年、外国語科目も1年から2ね、広義や演習実習は1年から3年、その他ゼミ、などを学びます。

2年次からは専門知識を4年まで、資格取得も4年まで行います。
専門知識の習得は、業界のプロが各分野の専門家が実践指導し、慣行に対して専門知識を深く学びます。
観光経営や国際観光、観光文化という学びを主軸に専門的講義は非常に魅力的なものです。

資格取得については観光業界への就職等、将来役立つ資格取得を、普段の授業からサポートします。
資格取得に特化している教員が国内良好業務管理者や総合旅行業務管理者などの資格取得の知識を指導します。

3年次のゼミナールでは専門性をもった質の高い指導

ゼミのⅢA、ⅢB、ⅣA・ⅣBは、担当となる先生の研究室に所属する事によって、目指している分野の専門的指導を受けます。
この期間については所属ゼミの先生が担当となり、学生の持っているそれぞれの目標に沿い質の高い指導を展開します。

これは就職活動にも対応できることで、就職支援の一環としても行われています。

国際交流学部は少人数制の教育

独創的なプログラムに英語教育のプログラムがベースとなっている国際交流学科では、世界とつながる事の出来る英語力、世界に発信できる日本の知識等、ともに備えている人材を作ります。

ここでは少人数教育が行われており、少数精鋭によって学生の個性を重んじ、その学生の実力にあったきめ細かい指導が魅力です。
英語学習においては、直感を鍛えるものとし、実力を高く伸ばすカリキュラム、CSJ英語メソッド教育を行います。

日本学習では、言葉や文化、伝統等世界に誇る事の出来る日本の様々な魅力を深く理解し、それを将来に活かしていく教育です。