プール学院大学とはどういう大学でしょう?

名前からはどういう大学なのか想像がつかない、という学校が最近多くなってきています。
このプール学院大学もその一つ、どのような事を学び、どのような事を習得できるのか、この名前からはちょっと想像がつきません。

プール学院大学はプール学院短期大学に前身を持ち、そこから打ち立てられたキリスト教精神、さらに国際主義に根差す人間教育という理念を持っています。
短大の時代からその理念は今に引き継がれ、教員と学生が親しくお互いに学びを得ることができる環境の中、一人一人を大切にするという教育が行われています。

プール学院大学の学び

建学の精神としてキリスト教に基づく深い人間理解、幅広い教養を付けること、さらにグローバル社会に必要なコミュニケーション能力と協力して働くことのできる実践的能力を養うという事、地域社会に貢献できる知識、思考力、問題解決力や表現力を学び、社会の発展と文化の向上に貢献するため、専門的知識と実践力を学びます。

基礎教育科目と共用科目、また各学部の専門基礎科目、専門科目によってカリキュラムが作られています。

プール学院大学の学部

プール学院大学には教育学部、教養学科、子ども教育学科があります。
大学院には国際文化学研究家、短期大学部には秘書課、幼児教育保育学科があります。

このうち、プール学院大学の教育学科では、実践的な授業、丁寧な教員採用試験対策など、教員となる為に必要な事を学びます。
少人数制の授業が特徴的で、グループワークなどの協同的な学びの中、教育の現場にしっかり対応できる人材づくりをしています。
少人数制なので学生一人一人に向き合うことができ、各自の志望に合わせ、カリキュラムを作るサポート等、様々なサポートがあります。

教養学科では専門分野を横断するように柔軟な思考力を持ち、キャリア形成をしっかりと実現できように実践力を養います。
職業分野において、協同の実践を通じ、地域貢献の出来る人材を育成します。
また現代のグローバル社会の中、幅広い知識を持ち応用力を持った考え方ができるように指導があり、卒業した者には教養学の学士の学位が授与されます。

国際文化学部の子ども教育学科では、子ども教育学を専門的に学び、小ガッコ鵜や幼稚園教員、保育士などを目指します。
体験型の授業により実践力のある人材育成を目的に、教育の現場でもグローバル化が進む中、そこに対応できる人材育成、教育獣医自社の育成を担います。
卒業すると子ども教育学の学士、学位が授与されます。

幅広い学びの中で、複数の専門的知識を様々な分野に応用できるように、実践という事に主軸を置きながら魅力ある人材を輩出しているのが、このプール学院大学です。