隣人愛と生命の威厳を基本理念とする、聖隷クリストファー大学

創立以来、隣人愛と生命の尊厳を基本理念都市、保健医療福祉分野の専門職の育成に取り組んで来た学校として知られているのが、聖隷クリストファー大学です。
元々は1930年、クリスチャンの若者達によって建てられたこちらは、結核患者のための描写として作られ、現在に至るまで、その無償の愛を伝えるスポットとして知られています。

日本有数の医療、福祉、教育グループとして知られる、聖隷グループの事業野本、現代社会において、医療福祉の観点から人々に寄り添える、博愛の精神を持つ人材を世に輩出している点が特徴です。
愛と奉仕の精神を持ち、人々から不安や苦痛、苦しみや悲しみを少しでも取り除けるようにと日々努力し人生を全うする、天使のような存在を世に排出しています。

聖隷というのは元々、新約聖書のヨハネによる福音第13章に描かれた、最後の晩餐のシーンが使われています。

最後の晩餐の際に、キリストは自ら立ち上がり、上着を抜いで、手ぬぐいをとって腰に巻き、水を組んで弟子達の足を洗って行きました。
当時人の足を洗うのは奴隷の仕事とされていましたが、その考えを行動を持って覆したことから、聖隷の名がつけられたとされています。

そしてクリストファーは、キリストを運び、担うものを意味しており、伝説的となって居る殉教者として知られています。
キリストは世界の全ての罪と苦しみを背負い、世の人間の何物よりも重かったのですが、そうしたキリストの全てを背負い抜くような立派な人間を育てたいとして、クリストファーの名前がつけられたのです。

キリストの姿、クリスチャンの姿を理想的な生き方とし、社会福祉事業に貢献する考え方の基礎として、この名前がつけられたといえるでしょう。

数々のスペシャリストを輩出

聖隷クリストファー大学では、建学の精神の元、医療や保険、福祉のスペシャリストを世に排出し続けています。
こうした分野で一番必要となると言っても過言では無い、基本の精神を宿す人材を輩出する事で、世に貢献できる人材を育て上げているのです。

特別養護老人ホームの開園や、日本初のホスピスの開設も積極的に行い、大学としてのみではなく、グループとしても成長を遂げていきました。
保険、医療、福祉、教育、各観点において洗練された大学、基本理念に忠実に、人々の事を考えた場を提供し続けています。

これからも未来を支えるスペシャリスト、人々をそっと支えるスペシャリストを輩出しつづける、非常に貢献度の高いグループとして、今後も期待されているといえるでしょう。
高い技術力、知識を持って臨み続けるという点も、この学校ならではのスタイルです。