privert-eye
探偵になるための学校があることを知らない人は多いのではないでしょうか。しかし探偵になるためには探偵に必要な技術と知識を身につける必要がありますので、探偵養成専門学校へ通うのが近道です。探偵養成専門学校はどんなことを学ぶのか気になりますね。この学校は内閣総理大臣から許可を受けていて、国家公安委員会からの許可燃えている近畿日本探偵協同組合会員の学校です。探偵学校は1984年に創設以来、多くの探偵を全国に送り出している歴史がある学校です。

学校の特徴

日本各地で活躍している探偵はもしかするとこの探偵養成専門学校を卒業しているのかもしれませんね。1984年に各地で活躍をしている調査員の研修目的ということで教育部門を開設したのがきかっけです。1990年に強い要望があったために一般受講者を対象にした教材を作って、探偵学校教育、指導が始まりました。

学校は完全に個人指導で行っており丁寧で親切な授業を心がけていて、理解できるまで説明してもらえますし、それぞれの生徒に合う調査方法を指導してくれます。2003年からは警察訓練所の協力によって嘱託警察犬を調査に活用することができる探偵犬の就任を実現しました。ペットを探す、人を探す、証拠を探すのに従事する警察犬指導手教育学校も希望する人には教えているのです。

参考:探偵になるには

探偵の仕事について

探偵の仕事というのは私たちが思っている以上にとても奥が深い仕事です。卒業してからの支援を受けることはとても重要なことで、助言や紹介、派遣を含めて受けることは必要です。施設の中には加盟店料、会費や紹介料は売り上げからの割合額要求をしているところもあるのですが、この学校を卒業していれば学費以外は一切かからずに、卒業してからもしっかりと支援を受けることができるので安心です。

全国で最初にできた学校なので信頼や実績もありますし、学校開設当時あら受講料金の値上げをしていないこと、調査業界では知名度も高くて調査技術は最高レベルのものを教えてもらえる、学校教材の探偵術講座がとても優れていて教本で全国で1番の評価がありますし、難解や事件、トラブルがあっても総て対応しています。

探偵として独立をしても全国組織なので、幅広い人材がいますから安心ですし、教えてくれる講師は、沢山の資格を持っているので、色々な角度からも指導を受けることができるというメリットがあります。

探偵になりたい人、探偵に興味がある人にぴったりの学校ですね。学校を卒業してからは万全の体制の下で独立開業もできるのです。