human-care
ヒューマンケア学部では、保健や医療の分野で活躍をすることができる人を育てることを目指していて、3つの学科が用意されています。鍼灸学科、柔道整復学科、看護学科があります。この3つの学科に共通していえることとしては、それぞれの仕事につくためには国家資格を取らなくてはいけませんので、それを目標にしていることです。

そのために一定の基礎学力と、専門の知識や技術を身につけるための意欲と決意が求められますし、もちろん努力も必要です。医療専門職は、人に対しての心に対しての理解と共感なども必要になります。

これは短期間で簡単には身につきませんが大学に通って、講義や実習をしているうちに、生涯学習の姿勢を身に着ければ社会貢献できる人材に育つはずと考えています。

3つの学科

鍼灸学科は、トレーナー、はり灸コースがあります。柔道整復学科は、トレーナー、柔道整復コースがあります。そして看護学科が用意されています。
トレーナー、はり灸コースはこれからもっと需要が高まるのではないかといわれているコースです。鍼灸医学は様々なジャンルで需要が高まっているので、ほかの医療系学科と関連させた上で色々なことを学びます。そして柔道整復学科は柔道整復師と、アスレチックトレーナーのどちらも目指す幅広い技術と知識を身につけることができます。
そして看護学科ですが、こちらは高い能力、そして思いやりの心を持って人々から信頼されるような看護師を育てます。

学部の特徴

このようにヒューマンケア学部はいわゆる医療系の学部ということですね。ヒューマンケア、人をケアする人材を育てる学部ということになります。その後の進路として大学院も併設していますし、看護学科を卒業してから助産別科が用意されているので、助産師を目指すこともできるのが帝京平成大学のヒューマンケア学部の特徴です。

医療貢献できる人材というのは年々需要が高まっていますので、帝京平成大学のヒューマンケア学部でしっかりと学んで医療貢献できる人になりたいですね。高齢化社会がさらに進む日本で今需要は高まる一方です。