riveral-arts

世界がわかる、自分がわかる

玉川大学のリベラルアーツ学部リベラルアーツ学科は、4年間を3つの時期に分けて学習をするシステムを導入しています。
広さと深さを一緒に追求しながら、急速な変化にも対応することができるようなき措置し気力を養う力をつけていきます。
そして構想力と実践力、推進力の体験と実践教育をすることによって、教育、企業、公共事業や国際交流といった色々な面でのコミュニティにおいて行動力のある調和が取れた人材に育てることを目的にしています。
世界がわかる、自分がわかるというのはリベラルアーツ学科のモットーです。

特徴

リベラルアーツ学部のキーワードというのは先ほども出てきましたが広く深くです。
導入した時期には日本語コミュニケーション、英語コミュニケーション、日本語芸術表現、社会学、心理行動科学、科学技術コミュニケーションの7つのジャンルの専攻分野について幅広く学んで、大学教育と研究の基本を身につけていきます。
発展する時期は学生一人ひとりが自分の興味を持つ分野、将来のことを考えて選考を選び、専攻分野に対しての色々な視点からたくさん掘り下げて見ていくという特徴があります。

卒業してからの社会での活躍を目指すために、オフキャンパススタディーズとして実践力を身につけていきます。
近隣の地域の小学校に英語教育をしに行く、民俗学や社会学、日本語といったフィールドワーク、インターンシップの取り組み、学校の外での経験を生かすことも特長です。
社会人として資質をアップすることになります。専攻期、この時期ではそれぞれの専攻分野をもっと深めながらプロジェクトを進めることになります。

世界で活躍できる人材を育てる

知的で行動力がある、コミュニティの中でリーダーシップをとることができる人材を育てていきます。
実践で使える教養教育と知的な面での充実、生涯教育を行うことができるようになるラーニングコミュニティを作るなどを学びます。
コミュニケーション能力の育成として英語、日本語OCTを学び、基礎学数も充実させます。
二年生になってからは知の基盤を支えるために7つの重要な科目を学びます。それは日本語コミュニケーション、英語コミュニケーション、科学技術コミュニケーション、社会学、日本学、芸術表現、心理行動科学の7つとなっています。

現代社会に多いに羽ばたき活躍できる人材を育てるのがリベラルアーツ学科です。
これからのグローバルな社会に対して活躍をすることができる人材の育成を特色に沢山入れた学科です。