日本の伝統文化や国内外の宗教文化を学ぶ

神道文化学部は国学院大学に設置されている学部で、日本の古くからの神道という伝統文化について学んだり、日本だけでなく世界の宗教などについても学ぶことができる学部です。
様々な視点から日本や世界の文化について学ぶことができ、より文化的な知見の習得をすることができる学部です。

工学部や経済学部など、資本主義社会で役立つ実際的な学問を学べる学部は数多くありますが、神道文化学部はこうした学部とは少し違った学問を学ぶことができます。
まさにアカデミックな内容を学ぶことができ、あなたの考えもより深みのあるものにすることができるので、入学して勉強してみるのもおすすめです。

おすすめの方は日本の古くからの歴史や神道について興味のある方や、西洋の宗教なども合わせて学びたいという方に向いていると言えます。
歴史や倫理をきっかけにして興味を持つ方も多いので、今まで考えたことがなかったという方は一度視野を広げて検討してみるのもおすすめです。
また違った新しい気付きをあなたに与えてくれるはずです。

コースが分かれており、興味のある項目を学べる

神道文化学部では二つのコースが用意されており、適性や学びたい方面によってコースを選択することができます。
ひとつめの神道文化コースでは祭の伝統文化について勉強したり、神々の歴史、神道の思想について学ぶなど、神道について全般的なことを学ぶことができます。
また、現代でも神道には課題や問題点もあります。
そうしたことを今後解決していくための土台となる知識についても学ぶことができます。

もうひとつのコースが宗教文化コースです。
日本だけでなく宗教は世界的に様々なものが普及していますが、そうした宗教全般について学ぶコースです。
世界の宗教に興味のある方はこちらがおすすめと言えます。

それぞれのコースの基本となる科目については1年次から勉強できるようになっており、二つのコースどちらがより向いているかを確認しながら学べるようになっています。
コースの本格的な科目を学ぶようになるのは土台が固まってきた3年次からとなっています。
ここからはさらに深い項目について学ぶことができ、あなたの知識もさらに専門的なものになっていきます。

興味が湧いたら検討してみよう

神道文化学部はこのようにとても魅力のある学部なので、ぜひ検討してみるのもおすすめです。
神道という学問は普段生活しているとあまり馴染みのないものかもしれませんが、だからこそ様々な発見がある学問と言えます。
ぜひあなたの大きな成長に繋がるような学びを得てほしいと思います。
大学を卒業した後は教員として働いたり、より神道を追求するために大学院に進学する方も多いです。