asia

21世紀のアジアにふさわしい人材を育てる

国士舘大学の21世紀アジア学部は21世紀の現代のアジアで活躍が求められている、新しい時代に見合った人材を育成することを目的にしている社会化学科、文系の総合学部です。
国際的で現代的な知的能力を身につけて、ビジネスや国際関係、日本語教育や地域研究、文化遺産分野など時代のニーズが高まっていて、学術的で実践的な専門性を身につけて21世紀のアジアにぴったりな、ふさわしい人材の育成を目指す学部です。

20世紀から21世紀にかけ、中国、東南アジアなどのアジア経済はかなり著しく成長していますが、世界でもアジアの位置というのは年々高くなっています。
戦後に急成長して、技術面でも経済面でもアジアをひっぱってきたとされる日本も、今はアジア諸国の支援や連携なしでは経済成長が考えられずに、アジアの一員ということでアジアのそれぞれの国と相互依存をして強調や協力をしていかなくてはいけません。
そしてアジアの成長、これは経済のみならず文化、スポーツの世界でもアジアの活躍は今注目されています。
これらの時代背景を見据えた上で、この学部創立以来有為な人材を育てることを目指して、活学の展開をはかっています。

学部の目的

日本だけでなくアジアの中で活躍をすることができる人材とアジアから世界に向かって活躍をすることができる人材を育てることを目的にしていて、2002年にこの学部はできました。
21世紀アジア学部は建学精神を新しく再編して、学園の伝統を再活性化することを目的に作られた学部です。

今生きているアジア、それは複雑な歴史がありますし、多面的な文化や宗教、価値観を持っている地域でもあります。
新しい時代のアジアを勉強してアジアで生きるためには、それぞれの国における価値観、習慣や歴史的背景、文化などを理解しなければいけません。
21世紀アジア学部は日本だけでなくアジアの文化、歴史的な背景や価値観、習慣など、一番理解できる学生を育てて、将来アジアとかかわる場所で活躍できる人を育てる学部です。

21世紀アジア学部ではアジアの活躍を求めている新しい時代にふさわしいような人材の育成をメインにして、コミュニケーション能力を育てる、文化や歴史への理解をする、時代にあった実践的な専門性の育成といった3つの柱からそれぞれの学ぶ需要に対応している教育の展開をしているのが特徴です。
それぞれの学びのニーズにこたえるために専門性ある3つのコースが用意されています。交流アジアコース、アジアビジネスコース、アジア研究コースの3つが用意されています。