法律のエキスパートを輩出する法政大学

1880年に誕生した、東京法学社が起源とされているのが、法政大学です。
日本近代法典の先駆けとして知られる、刑法と治罪法が公布された年に、より近代法制度を学ぶべく、設立された学校として知られています。

設立当初から、学校と言うよりも、法技術者を養成する学者としての1面が強く、今もなお、実務教育の姿勢は受け継がれているのが特徴です。
法技術者のキャリア教育の精神を鍛え、現場で使える法知識を学ぶ場として、現在に至るまで、多くの法のエキスパートを輩出しています。

そんな法政大学ですが、元となった東京法学社は、金丸鉄氏、伊藤修氏、薩埵正邦氏の三人によって解説されました。
それぞれがそれぞれ、法律のエキスパートとして独自に法の勉学を進めていましたが、より法の知識を深めるべく、各々の経歴を経て、東京法学社設立に貢献します。
創立後、伊藤修氏に関しては記録が一切残って居らず、設立後間もなくして、何らかの理由で法学社との関係を絶ったのでは無いかという説もあるようです。

先人の考え、先人の教えもさることながら、法律を学ぶ事だけでは無く、実に多くの時代に特化した取り組みを行って居る点も、法政大学ならではといえるでしょう。

オレンジネットワーク事業を展開

法政大学では、教育の質を保障し、よりお互いが協力関係を結ぶことができるように、オレンジネットワークという独自の事業を展開しています。
在学生はもちろんのこと、卒業生、保護者、教職員などが協力し合い様々な事業を展開することで、各種サポート体制が充実しているといえるでしょう。

例えば、オフィシャルクレジットカードとして知られるオレンジCAMPUSカードを始め、各種イベント、卒業生のデータベース再構築が挙げられます。
各種ネットワークを駆使することで、キャンパスライフはもちろんのこと、各種イベントも、非常にスムーズに執りおこなうことができるのです。

グローバルな人材を育て、世界でも通用する法のエキスパートに

法政大学では、日本国内のみならず、スーパーグローバル大学として、世界各国どこでも通用する法のエキスパートを輩出しています。
国内外を問わずに、広く活躍をすることで、より視野を広げ、結果として日本のパワーにつながる点が特徴といえるでしょう。

積極的に留学生を迎え入れるスタンスを始め語学の授業も積極的に行う事で、よりグローバルな人材を育成。
いつ何時、どこでも対応出来る、非常に柔軟性の高い、視野の広さを持った人材を輩出している点が、法政大学の大きな特徴です。

今後も世界に羽ばたく人材を多く輩出していくであろう、法政大学。
日本の宝として、多くの場面で活躍をして居ます。