言わずと知れた東京大学

東京のみでは無く、日本を誇る歴史深い大学として、多くの優秀な学生が集う大学が、言わずと知れた、東京大学です。
明治10年の4月に創設後、現在に至るまで、実に140年もの歴史を誇る、歴史的な価値も高い大学として、多くの学生を輩出し続けて来ました。

平成16年には、国立大学法人東京大学として認知され、今までの東京大学とは異なる、新しいスタートを切り、より多くの学生が集う大学に。
法学部や医学部、工学部、理学部に経済学部、薬学部など、各種専門家、研究者を輩出する学部を多く設置し、優秀な人材を育成してきた学校として知られています。

教育の特徴としてあげられるのは主に3つ。
まず、多様で高度な選択制、次に、世界最高水準の研究を行っている教員直々の高度な教育、そして生涯の友で有り、ライバルとなる優秀な学友との切磋琢磨が挙げられます。

最難関の進学先として知られるからこそ、当然、入学にはそれに見合った人材が集められるのが特徴です。
試験の倍率は言わずもがな、どの学部においても定員割れをする事など無く、より優秀で、より熱意ある人材が、東京大学へと足を運びます。

選定された学生に、更に専門的な教育を施し、各分野で第一線を進む、技術者、研究者を育成するのが特等です。
どの学問分野においても、とかく最先端を維持し、常に止まらず常に進み続ける、新しい改革を行い続けるという点が、東京大学の特徴といえます。

日本国内のみならず、世界に通じる人材を育てる、世界でも第一線を進む人材を育成していくのが、東京大学のやり方といえるでしょう。

140周年を迎えた新しい改革も

伝統溢れる東京大学、常に革新的に、常に新しい時代を生き続ける学校だからこそ、節目節目では、その節目に合わせた改革を行っていくのも特徴です。

たとえば、創設140周年を迎える記念事業の一環として、全面リニューアル工事が行われたのも、その一環になります。
キャンパスライフを送る際の基盤となる食を見直し、学生の食堂、中央食堂をリニューアル工事することとなったのです。

各種健康志向のメニュー提供を始め、カフェの出店、オムライス専門店の出店、電子マネー対応のキャッシュレスレジの増加、自然光を取り入れたナチュラルな空間作りなど、様々な魅力があります。
とにかく新しく、今後の未来を見つめ直した際に、140周年記念事業は非常に有意義なものであるといえるでしょう。

このように、各種節目で記念事業を執りおこなうことも、伝統を残しながら革新を続ける東京大学ならではのスタイルとして知られています。
多くの学生に愛され、より高度な人材を輩出するべく、学校側も工夫をしているといえるでしょう。